読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊織だけど柳橋

引越し作業を業者に任せないで、自分だけで引っ越し作業をしたい場合は一番のコツは、荷物を減らすことだと言われています。普通の、あまり大きくない車で運ぶわけですから、そんな車内に詰めていくために、適切な大きさのダンボールで梱包作業をする、陶器やガラスなど、われものはTシャツに包んで詰め込んでいく、こうすると包み紙は不使用になり、荷物のかさを少しは減らせますしついでに衣類も梱包できる、そんな小技でもあります。こうして、荷物の圧縮を行って、なるべく少なく小さく、パッケージングします。

特に大きめ荷物を運ぶ時に注意しておきたいことですが、壊れやすい電化製品や、大きな家具にはダメージを与えないようにしましょう。

新居の雰囲気に合わせて手に入れた大型家具などでしたら、場合によっては市販の緩衝材を使うなどして細心の注意を払って運びましょう。

新居にピカピカの家具、となるとワクワクしますが、運搬時に傷だらけにしてしまったら、とても損した気分になりそうです。どれだけ経験があっても、引越しの際の準備には苦労します。初めての引っ越しでしたら、なおのことその苦労が身に染みるでしょう。引っ越しにかかる負担をいかに軽減するかですが、まずは、引っ越しの計画が余裕のあるものなのか確認し、この計画を出来るだけ大雑把に実行に移すことがポイントです。


もちろん計画に則ってテキパキ作業をすすめられるのであればそれが一番良いのですが、引っ越しにおける失敗の多くは、複雑な手続きに追われて、家の中の作業が手付かずになってしまうことなのです。


余裕を持った引っ越し計画を立てておいたら、計画通りに進まないことがあっても、簡単に軌道修正して準備を続けることが出来るでしょう。



引越しにかかる費用ですが、意外と大きな額になるのがエアコンの設置や取り外しの工事代だと言われています。


エアコンの設置や取り外しは、専門知識のない人にとっては大変難しいので、必ず専門業者を呼びます。

なので、取り付け費用も、一台について約1万円ほどかかるようです。ただ、引越しと同時にエアコンの取り付けまでしてくれる契約をしているのであれば安い値段になるようですが、引越し業者はエアコンを新居に運ぶだけ、そして工事をどこにも頼んでいないという場合は、改めて専門業者に取り付けを頼むか、いっそ転居先で新しく購入してしまうか費用やかかる手間など、総合的に考えてみた方が良いです。引越しをする場合、ぜひアート引越センターの利用を検討してみて下さい。
こちらであれば複雑な準備作業も滞りなくすすめることができます。
段ボールの準備から家具の梱包や搬送まで引越しが完了するまでありとあらゆる作業を支援してくれます。家具運びについても信頼してお願いできますので、当日も計画通りに引っ越しを完了することが出来ると思います。
予約を入れて、引越し作業を依頼しておいた場合、直前になってキャンセルをすると、多くの場合、キャンセル料を請求されるでしょう。



通常、見積もりオーダー時、どういった時にキャンセル料金が発生するかを説明しなければなりません。
ですが特に口頭で説明しなくてもいいので、書面での提示だった場合はその記載部分に気付けないかもしれません。


なので、引っ越しの予約を入れようとする時に、キャンセル料がいつ発生するか質問しておく方が良いかもしれません。アパートなどの借りていた部屋から引っ越す時には、立会いとよばれる、お部屋チェックがあるのです。

管理会社から物件の担当者が部屋に来て、室内の状態をくまなくチェックする訳です。



退去時の立会いが終わったら晴れて退去、となるのです。



また、いろんなケースもあるようですが、水道ガス電気など、公共料金の支払いはすっかり終わらせているべきですし、部屋の鍵ですが、自分で作ったスペアなども全て、管理会社に返却しましょう。いよいよ引越し、という時に様々な荷物を箱などに詰めていく梱包作業は、自分で行なうことにしている人が殆どのようです。


しかし、引越し会社のプランには、荷物の梱包についても業務の一つとして、メニューに入っています。こういった場合でしたら全部自分で頑張ろうとしないで、業者の手を借りることを考えましょう。素人が行うより、プロなりの手順と方法に任せる方が確実です。
また、荷物の紛失や破損などがあれば梱包を行った業者が責を負って損害の程度に応じて弁償を行ってくれる可能性もあるからです。


転居時に、運搬と設置に少し注意したい家電と言えばなによりも、洗濯機ではないでしょうか。洗濯機は、毎日大量に水を使う家電であり、近くに水道のある所に置くことになるでしょう。
具体的には、浴室の近くになったりしますが、湿気の多い場所であり、そして、そうそうあることではありませんが、洗濯機の排水溝から水があふれることもあり、湿気対策の換気、それから水漏れの対策をなるべくちゃんと行っておいた方が良いです。
丁寧な引っ越し業者がおすすめです

引越しにまつわる困り事といえば、エアコンの扱いもよく挙げられます。



けれど、賃貸住宅から退去するのなら、大家さんや管理人といった立場の人に引っ越しの時、エアコンは取り付けたまま置いて行ってもいいかどうかを一度尋ねてみましょう。

管理側から見ると、エアコンを残して行ってもらうと、次の入居者がすぐそれを使うことができますから、そのままにしていって良い、という答えが得られる場合もあります。



こんな風にエアコンを置いていけると取り外しの工事費がかからなくなり、その分、格安でできるかもしれません。